住宅

集合住宅と一戸建ての違い|自分に適した住宅の選び方

歴史ある土地での住宅事情

女性

古都鎌倉は住宅人気の高いエリアなので、不動産相場もかなり高いのが特徴となります。そのために中古一戸建ての需要が多いことでも知られています。その物件選びで大切なことは、鎌倉は坂が多いので、地盤をしっかりと補強しているかを確認するということです。特に見晴らしの良い高台の中古一戸建ては人気がありますが、斜面地であればどのように地盤の補強をしているのかを調べる必要があります。また中古一戸建てをリノベーションする際には、現在の建築基準法に適するものとなるかを確認するとことが必要となります。さらに土地によっては湿気も多いので、その対策などをしっかりと行っているかどうかも内覧の時に確認しておくことが必要となります。

鎌倉で中古一戸建てを購入するならば、まず地盤をしっかりと補強している物件を選ぶことが大切です。そのための補強費用がかからなければ、内装に予算をかけることができます。また外壁に関しても鎌倉の周辺環境に合うことは必要ですが、塗装が楽な素材を選んで手直ししておくとメンテナンスが楽になります。また潮風対策も必要となるので、塗装もそれなりに技術を持つ業者に任せることが大事です。中古一戸建ては手入れによって長持ちするか否かが左右されるので、しっかりとメンテナンスされた物件を選ぶことも必要です。その上でさらに、補修作業が楽になるようにリフォームしておくことが必要となります。あとは耐震性さえクリアしていれば、多少古い物件でも長く住むことができます。